ジェットスター欠航の背景、LCCの「大企業病」とパイロット不足

ジェットスター欠航の背景、LCCの「大企業病」とパイロット不足

 海外のLCCはどうか分からないが、日本のLCCの問題は、LCCの本質を見誤っている事。
 LCCは、本来マイナーな空港同士を結ぶ路線により運用コストを下げ、その分チケット代に反映させる、というのが目的の筈なのに、日本では必ず出発か到着が成田・羽田になってしまっている。
 メジャーな空港を使用すれば、運用コストは下げられず、単なるサービス省略でチケット代を下げるしかない。無論、それだとチケット代は大手より若干安い程度にしかならず、単にサービスが悪いだけの便になる。
 それだったらもう少し拠出して、サービスが良くてスケジュールも確実な大手を選ぶのが無難な訳で。
 LCCは成田・羽田・関空のメジャーな空港を外した路線を開拓したらどうか。(^~^;)

"ジェットスター欠航の背景、LCCの「大企業病」とパイロット不足" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント