安倍首相、イランに到着 ロウハニ大統領と会談

安倍首相、イランに到着 ロウハニ大統領と会談

 生まれながらの無能振りで国内の政治はにっちもさっちもいかないから、外交で点数稼ぎ、といった印象。
 その外交も、単なる外遊で、これといった成果を出せないのだが。

 イランの大統領は、行政のトップかも知れないが、国のトップではなく、権限も限られているので、会談した所で大した結果は得られない。
 安倍首相もアメリカの忠犬だから、忠犬同士という事で話は合うのかも知れない。

 安倍首相は自身をアメリカとイランの仲介役になれる、と読んでいるのかも知れないが、それではアメリカと北朝鮮との仲介役を勝手に名乗りながら、大した使い物になっていない韓国大統領と変わらない。

 念願のイラン最高指導者ハメネイ師との面会を果たすが、ハメネイ師からアメリカと対談するつもりは一切無いと通告され、訪問中に地域を航行中のタンカーが襲撃される等、この会談の影響力の無さが分かる。(^~^;)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック