ニコンから小型軽量なAPS-Cミラーレスカメラ「Z 50」登場

ニコンから小型軽量なAPS-Cミラーレスカメラ「Z 50」登場

 APS-Cセンサーサイズは、いわゆるフルサイズセンサーが技術的・コスト的に実用的でなかった時代に、妥協案として生み出されたもの。
 現在はフルサイズセンサーは技術的に可能だし、コストも下がりつつある。
 しかし、一旦APS-Cセンサーサイズの商品を出してしまった以上、一眼レフではフルサイズセンサーに合わせたレンズは勿論、APS-Cセンサーに合わせたレンズも開発・生産しなければならなくなっている。
 ミラーレスでは折角フルサイズセンサー専用のマウントを導入したのに、APS-Cセンサーサイズの商品を出す意味があるのかね。
 ミラーレスでもフルサイズセンサーに合わせたレンズと、APS-Cセンサーに合わせたレンズを開発しなければならない。開発の予算が無尽蔵なら問題無いが、現在のニコンにそれだけの余裕があるとは思えない。
 安めのフルサイズセンサー商品を出した方がいいのに。
 自分はニコンのAPS-Cセンサーサイズの一眼レフユーザーだが、それでもニコンのミラーレス戦略には疑問を抱く。(^~^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント