豪州スキー客「ニセコ離れ」 15年度から2割減 宿泊料高騰で本州へ

豪州スキー客「ニセコ離れ」 15年度から2割減 宿泊料高騰で本州へ

 日本に来る外国人観光客が多くなっているのは、日本が物凄く魅力的な国だからではなく、物価上昇が当たり前になっている世界で、日本がデフレにあるから。
 昔、日本人が物価が安い発展途上国に行くと、大した金を持参しなくても大金持ちの気分を味わっていたが、今は海外の者が日本に来てその気分を味わっている。
 外国人が喜んで来るという事は、日本は発展途上国に逆戻りしたというか、衰退途上国である証。
 安さを求めてやって来るのに、宿泊料が高騰したら、そりゃ離れていく。安い以外に魅力は無いのだから。
 ただ、今年は北海道でも雪が少ないのに、本州でスキーが出来る程雪がある場所はあるのか。(^~^;)

"豪州スキー客「ニセコ離れ」 15年度から2割減 宿泊料高騰で本州へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント